上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
自戦記 | 2015/03/23(月) 23:33
プロの先生に、飛車落ちで指導対局してもらいました。

不必要に突っ張った指し方をしてしまい、玉頭がごちゃごちゃになって下図。

vspro

焦って▲5四歩と取り込んでしまったのですが、
▲2八玉
と一旦間合いを計るのが本当だったようです。

こういう緩急のある手を指せるようになりたいと常々思っているのですが、
いざ実戦でとなるとなかなか思いつかないんですよねえ~

指摘されるまで、玉が視野に入ってすらいませんでした。


上に書いた「不必要に突っ張った指し方」とかもそうなのですが、
序中盤での考え方(つまり大局観でしょうか)の甘さを、対局後に指摘されました。

自分ではその弱点を把握できていなかったので、
それを知ることができただけでも非常に有意義でした。

簡単に改善できるものではないですが、
そもそも把握できていなければ改善しようともできない訳で。。。


ネット将棋ばかりでなくて、たまにはリアルで強い人に教わらないと、
こういうのって自分ではなかなか気づけないんですよね(^^;
関連記事
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
自己紹介
 

むに

Author:むに

はじめまして!むにです。(^^)
将棋にはまっている大学生です。

アクセスカウンター
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。